センターの紹介

アドミッションセンターの組織図

 

山本俊彦センター長写真

平成28年3月31日、「高大接続システム改革会議」から「最終報告」が示されました。そこでは、「大学の教育理念を踏まえるとともに、3つの方針(アドミッション・カリキュラム・ディプロマ)に立脚して、多様な背景を持つ受検者一人一人の能力や経験を多面的・総合的に評価する入学者選抜への転換に向けた取り組み」を加速することの必要性と重要性が強調されています。大学入試については、「ユニバーサル化と無試験入試の蔓延により、基礎学力を担保する高大接続が注目されやすいが、入試改革のポイントは、学力一辺倒の入試だけではなく、探究的・能動的学びを経験している生徒を見つけ、積極的に入学させる仕組みづくり」にあるということも指摘されております。いずれにしても、三重大学として、能力・意欲・適性を多面的・総合的に評価・判定する大学入学者選抜への転換をどう考えるのか、学力を含む多様な要因で合格者を決める仕組みの具体化をどう進めるかについて明確にすることが大きな課題となってきています。

こうした大学入試改革を取り巻く状況や問題意識を背景として平成28年7月21日、「三重大学が定める基本方針に基づき、高校教育及び大学教育の連続性と一貫性に立つ高大接続を推進するとともに、多面的かつ総合的な評価で構成する入学者選抜方法の開発と実現を通し、地域に貢献する人材の育成に寄与する」ことを目的とするアドミッション・センターが設置されました。アドミッション・センターは、入試改善のための調査研究や入試システムの研究開発を中心とする「入試情報調査・研究部門」、入試の具体的な方針の策定や個別学力検査問題の作成等を統括する「選抜方法開発・実施部門」、高大連携及び接続事業や入試にかかわる広報の企画や実施に当たる「高大接続部門」の3つの部門で構成することとしています。高大接続の理念に立った入学志願者のポテンシャルを測る多面的・総合的な評価の在り方の確立、地方創生や地域の活性化に向けた大学進学の可能性の拡大などアドミッション・センターには重要な課題が横たわっておりますが、3つの部門が連携するとともに、各学部との協力・支援関係をより確かなものとしながら、三重県における地域中核大学として、本学への進学の可能性を広げる高大接続と入学者選抜のあり方を検討し、本学の教育実践を通じて、地域人材育成の成果を三重県各地に還元できるシステムや方法の開発の拠点としての機能を果たしていきたいと考えております。

 

センター長

山本 俊彦

副センター長・教授(兼) 飯田 和生
入試情報調査・研究部門 部門長・教授(兼) 飯田 和生
准教授 宮下 伊吉
選抜方法開発・実施部門 部門長・教授(兼) 松岡  守
教授(兼) 伊藤 睦
教授(兼) 成田 正明
教授(兼) 辻川 真弓
教授(兼) 若林 哲史
教授(兼) 河村 功一
高大接続部門 部門長・教授(兼)

冨樫 健二

教授(兼)

田中 亜紀子

教授(兼) 岡田 博明
准教授(兼) 櫻井 洋至
教授(兼) 片岡 三佳
教授(兼) 竹尾 隆
教授(兼) 掛田 克行