高大連携について

 三重大学では、「国立大学法人三重大学と三重県教育委員会との連携協力に関する協定書」にもとづき、「高校教育と大学教育との接続に関すること」の事項について連携協力を進めることとしています。
 こうした観点から、三重大学では、学習意欲あふれる高校生が自発的に大学で勉強できる機会を積極的に提供することを目的として、サマーセミナー、東紀州講座、高校生向け公開授業などを開設しています。また、三重県内の高校が実施しているスーパーサイエンス・ハイスクール(SSH)やスーパーグローバル・ハイスクール(SGH)にも積極的に協力しています。
 三重大学では、これまでもオープンキャンパスや出前授業などを通じて、高校生・受験生たちが三重大学を理解するための取り組みを進めてきましたが、高大連携の各プログラムはこれをもう一歩進めて、大学での講義、演習・実験・実習に参加できる機会を提供しようと努めています。
 さらにまた、こうした高大連携事業を円滑に実施するために「高大連携交流会」を開催し、高校の先生方ならびに県教育委員会との間で定期的な意見交換も進めています。